実際はどうなのか?|風俗でまずは月収数十万クラスを目指していきましょう

実際はどうなのか?

スマホを見ている女性

風俗の仕事に対して、何かと悪いイメージを持っている人もいるかと思います。
例えば「風俗の仕事ってノルマがあるのでは?」と思っているかもしれませんね。
一般的な仕事では営業系でよくノルマが課せられていたりしますが、風俗の仕事においてノルマを課せられることはまったくありません。

ではなぜ風俗にはノルマがないのか?
その理由はとても簡単で、普通の会社とそもそも給料の仕組みが全然違うからです。
たとえば営業職だったら、毎月固定給が支払われますよね。
売り上げがどうであれ、必ず給料が発生するようになっています。
ということは、もし万が一会社の売り上げがない場合は赤字になってしまいます。
そのため、一定ラインの売り上げがなければ経営できないのでノルマが存在するわけです。
これはキャバクラなんかでもまったく同じことがいえるでしょう。

では風俗の場合はなぜノルマがないのかというと、固定給ではなく完全な歩合になっているからです。
つまり出勤したとしても、出動することがなければ1円も発生しません。
ちゃんと接客するからこそ初めてお店に売り上げが発生し、同時にあなたの給料も発生するわけです。
つまりお店があなたの給料を出しているのではなく、すべてお客さんから支払われていることになります。
指名されずにずっと待機している女の子にはお店側が払う給料がないので、ノルマという概念がそもそもないわけです。

ただし、たまに風俗店でもノルマがあるところが存在します。
そういったところは良心的な風俗店ではないので、できれば働かないようにした方がいいと思います。